2007年04月07日

グリーグ 春に寄す

レベル;中級

先日の春の曲目リストからもう一曲。

グリーグの「叙情曲集」から「春に寄す」です。

この曲はまず調号が多いので譜読みでめげるかも知れません。

シャープが6個という調、大変ですが私はシャープの多い調の

曲はなんとなく妖精が出てくるような大変幻想的で美しい曲が多く

大好きです。この曲も苦労して譜読みする価値は十分あると

思いますよわーい(嬉しい顔)

楽譜のサイトはこちらです。

前回の「春の歌」と同じサイトで、ここにはたくさんのクラシックの

楽譜が置かれていておすすめですが、一日に1人2曲しかダウンロード

出来ないという事ですのでご注意下さいね。

無料でプリントアウト可能です。

さて、この曲の出だしのテーマを聴いてみましょう。



どうですか?同じ「春」をテーマにしていても

「春の歌」とは違った情景が浮かんできませんか?

演奏するにあたって、できるだけ具体的なイメージを持つと

非常に助けになります。絵を描くのが得意な人は色で表現して

みても良いでしょうし、自分なりの言葉で詩や物語を書くのも

良いと思います。

このテーマ、左手にメロディーが出て来ていますので左右のバランスに

気を使ってあげて下さい。いつもと違って右手を控えめにするので

変な感じがするかも知れませんが、左手でも比較的強い1、2、3

の指をよく使うのでそんなには難しくないと思います。

さて、このテーマが後半では右手がメロディーでオクターブとなって

出て来ます。



テーマが2回出てくるのはよくあるパターンですが、このようにバリエーション

になっている場合、1回目とどう違うのかで作曲者の意図を汲み取る事が

できます。

両手でも強い方の右手でメロディーを取り、さらにオクターブになるので

自然と華やかで力強い感じになりますね。さらにそれを伴奏している左手は

かなり広い音程を使って流れるような音型を形づくっています。

より広がりと勢いを持って曲を盛り上げたいと作曲者は狙っているのでは

ないでしょうか?このような変化を持たせることによって、ゆったりのんびり

した「春の歌」と比べ、この「春に寄す」はよりドラマチックな物語性を

もった曲と言えるのではないかと思います。

一曲を通してはMusicinyourheartでお聴き下さい。
posted by Musicinyourheart at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めまして。
この曲はかなり弾いたのですが、春に関しては
シンディングの「春の囁き」等、随分、難曲を
やっていたものだと若い頃を思い出しています。
今は指が動きません。
 ありがとう ございました。
Posted by ascendant2012 at 2009年07月01日 16:41
皆様はじめまして、こんにちは♪♪。翔子です♪♪。

実は私も今「春に寄す」を弾いています♪♪。この曲はきれいな曲ですよね♪♪。嬰へ長調という調ですよね♪♪。

この曲は、弾き始めはちょっと難しく感じますが、練習し出したら別に難しくはないですよ♪♪。結構、弾きやすい曲です♪♪。

私は、ピアノでは色々な曲を弾きます♪♪。例えば、私はヨハン・シュトラウスのワルツ「美しく青きドナウ」「春の声」「ウィーンのボンボン」「南国のバラ」などが好きなので、よくピアノで弾きます♪♪。ピアノ用に編曲してある楽譜っていいですよね♪♪。

他にも色々弾いてみたいです♪♪。私は、主に長調の曲が好きです♪♪。
Posted by 翔子 at 2009年12月23日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。