2007年04月07日

グリーグ 春に寄す

レベル;中級

先日の春の曲目リストからもう一曲。

グリーグの「叙情曲集」から「春に寄す」です。

この曲はまず調号が多いので譜読みでめげるかも知れません。

シャープが6個という調、大変ですが私はシャープの多い調の

曲はなんとなく妖精が出てくるような大変幻想的で美しい曲が多く

大好きです。この曲も苦労して譜読みする価値は十分あると

思いますよわーい(嬉しい顔)

楽譜のサイトはこちらです。

前回の「春の歌」と同じサイトで、ここにはたくさんのクラシックの

楽譜が置かれていておすすめですが、一日に1人2曲しかダウンロード

出来ないという事ですのでご注意下さいね。

無料でプリントアウト可能です。

さて、この曲の出だしのテーマを聴いてみましょう。



どうですか?同じ「春」をテーマにしていても

「春の歌」とは違った情景が浮かんできませんか?

演奏するにあたって、できるだけ具体的なイメージを持つと

非常に助けになります。絵を描くのが得意な人は色で表現して

みても良いでしょうし、自分なりの言葉で詩や物語を書くのも

良いと思います。

このテーマ、左手にメロディーが出て来ていますので左右のバランスに

気を使ってあげて下さい。いつもと違って右手を控えめにするので

変な感じがするかも知れませんが、左手でも比較的強い1、2、3

の指をよく使うのでそんなには難しくないと思います。

さて、このテーマが後半では右手がメロディーでオクターブとなって

出て来ます。



テーマが2回出てくるのはよくあるパターンですが、このようにバリエーション

になっている場合、1回目とどう違うのかで作曲者の意図を汲み取る事が

できます。

両手でも強い方の右手でメロディーを取り、さらにオクターブになるので

自然と華やかで力強い感じになりますね。さらにそれを伴奏している左手は

かなり広い音程を使って流れるような音型を形づくっています。

より広がりと勢いを持って曲を盛り上げたいと作曲者は狙っているのでは

ないでしょうか?このような変化を持たせることによって、ゆったりのんびり

した「春の歌」と比べ、この「春に寄す」はよりドラマチックな物語性を

もった曲と言えるのではないかと思います。

一曲を通してはMusicinyourheartでお聴き下さい。
posted by Musicinyourheart at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

メンデルスゾーン 春の歌

レベル:中級

前回、春の曲でおすすめのものをご紹介しました。

音楽の記事を書いたり読んだりしていて歯がゆいのは

実際の音を聴けない事ですね。

いろんな春の曲のタイトルを書いていて

私の頭の中にはその音が鳴り響いているのですが、

それを読んで下さっている皆さんが知らない曲だったら

何の事やらピンと来ないお話だったなあ。。。と

思い返しました。

ですので、先日の曲目リストから「春の歌」をワンポイントレッスン付きで

音もご紹介してみようと思います。

自宅にて録音しておりますので、音質は決して良くありませんが

悪しからずご了承下さい。

この曲を弾いてみたい、楽譜を見てみたいと思われる方はこちらで、

30、とある3段目からをご覧下さい。

曲の出だしはこんな感じです。



この曲が入っているのは「無言歌」という曲集で、「言葉のない歌」

と題される通り、思わずハミングしたくなるような美しい旋律です。

と、思うのは聴く立場から。

弾く人は必死でせっかくの旋律が耳に入って来ない事が多い(笑)

と言うのも実は、以下のとてもきれいなハープをかき鳴らすかのような

音形を、旋律を弾きつつ同時に弾かなくてはならないという

やっかいな曲なのです。



ポロロロン ポロロロン、。。。と続く音形の1つ目を右手で、2つ目を

左手で弾きます。これが聴いているととても優雅なのですが弾く方は

とても忙しい。2本の手で3パートを弾いている訳なのですから。

残りの2パート、つまり上と下はこんな感じです。



この曲を弾くにあたって、上のように、真ん中のパートを抜いて

練習してみる事をおすすめします。旋律の美しさとのんびりした雰囲気を

よおく味わって下さい。

3パートの曲芸(?)をしていても、聴く人には優雅でゆったりとした

イメージを持って頂かなくてはなりませんよわーい(嬉しい顔)

この曲を最後まで聴いてみたい方のために、1曲通しのmp3を私の別

ブログ「Musicinyourheart」にアップしますので、そちらもご参照

下さいませ。ENJOY!
posted by Musicinyourheart at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

春の曲

.jpg4月になりましたね。

春と言うと。。。さくら、新しい出会い、芽生え、

ぽかぽかのお天気など嬉しいイメージ。

逆に、春憂、卒業、引っ越し、別れというような

寂しいイメージもあります。

春は作曲家のインスピレーションをかきたてるのでしょうか。

春にちなんだ曲がたくさんあります。

都会に住んでいると、何かと季節を忘れがちですが

音楽で春を感じるというのはいかがでしょうか?

春の曲を聴くもよし、春の曲を習うもよし。

ピアノの曲でおすすめなのは、

メンデルスゾーン 「無言歌集」より「春の歌」

グリーグ 「春に寄す」

リスト リートによる15のピアノ小品より 

   「春」(ショパン=リスト)

   「春の歌」(メンデルスゾーン=リスト)

オーケストラの曲でも有名なものはピアノに編曲された
ものがよく出ています。

 ヴィヴァルディ 「四季」より「春」

 シュトラウス  「美しき青きドナウ」など

あとはヴァイオリンでベートーヴェンのスプリングソナタ、

日本の歌でもさくらさくら、さくら横町、おぼろ月夜など

たくさんたくさんいい曲がありますね。

図書館などに行くとCDが借りられますし、コンサートなどでも

この時期、春の曲がたくさん取り上げられる事と思います。

どうぞ皆さん、この機会に春の曲に親しんで下さいね!



   




posted by Musicinyourheart at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。