2009年07月12日

タヒラと英語で歌おう!親子参加大歓迎!夏休みの思い出作りに!

有名レコードレーベルボイストレーナー、CM曲レコーディングなど活躍中の
タヒラ ウォーカーズのボーカルワークショップを青梅線熊川で行います。
英語初心者、ボーカル初心者大歓迎!
楽しくノリノリでお腹の底から声を出してみませんか?

日程 第1回 7月28、29、30日の3日間 15:30〜16:50
「歌うってこんなに楽しい!」 “オーハッピーディ” ”マナマナ”ほか

   第2回 「Sing about Love」8月4、5、6日の3日間  18:40〜20:00
「愛を歌にのせて。。。」“ユーレイズミーアップ” ”ソングフォーママ”ほか
(各回とも最終日のクラス終了後に交流パーティー開催)

受講料  各回(3日間)全日参加事前申し込みの場合3000円  1200円/1日
             全日参加の方家族割り引きあり、お問い合わせ下さい。
対象  小学校3年生〜(ファミリー参加の場合,小さいお子さんもOKですが安全確認は各自でお願いします)
講師 タヒラ ウォーカーズ 
キーボード&通訳 川島 由美
場所 熊川駅より歩3分 

お問い合わせ&お申し込み musicinyourheart 川島 まで
musicinyourheart@mac.com

posted by Musicinyourheart at 09:23| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

Heart and Soul

sAm.jpg映画の中でピアノは時としてとても効果的な脇役になります。

「スーパーマン リターンズ」でスーパーマンの

息子がその超能力を自分で発見するきっかけになったのが

ピアノ。人質として取られ、悪者と連弾するのですが、

お母さんの危機をなんとそのグランドピアノを悪者に

投げつけて救います。

この連弾していた曲、実はずいぶん昔のトム ハンクスの

映画「BIG」でも使われていました。こちらの方は、

足で弾く巨大な鍵盤をトム ハンクスとおもちゃ会社の

社長が一緒に弾くと言うシチュエーション。

この曲はどうも日本の「ねこ踏んじゃった」のように

子供達がピアノに向かうとまず弾く曲のようです。

題名は「Heart and Soul」実はホーギー カーマイケルの

作曲でとても素敵なJAZZのラブソングだったりするらしい

ですが。。。こちらで音と歌詞をご覧頂けます。

これ自体の楽譜はあまりに簡単すぎて皆耳で弾くということ

なのか、ネットで探す事はできませんでしたが、大人っぽく

アレンジしたバージョンの楽譜はありました。

こちらです。

JAZZのコードの押さえ方に慣れてないと初めちょっとしんどい

かと思いますが、たったの8小節でこれがエンドレスに

繰り返しということになります。

ぜひ挑戦してみて下さいね。
posted by Musicinyourheart at 16:38| Comment(21) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

グリーグ 春に寄す

レベル;中級

先日の春の曲目リストからもう一曲。

グリーグの「叙情曲集」から「春に寄す」です。

この曲はまず調号が多いので譜読みでめげるかも知れません。

シャープが6個という調、大変ですが私はシャープの多い調の

曲はなんとなく妖精が出てくるような大変幻想的で美しい曲が多く

大好きです。この曲も苦労して譜読みする価値は十分あると

思いますよわーい(嬉しい顔)

楽譜のサイトはこちらです。

前回の「春の歌」と同じサイトで、ここにはたくさんのクラシックの

楽譜が置かれていておすすめですが、一日に1人2曲しかダウンロード

出来ないという事ですのでご注意下さいね。

無料でプリントアウト可能です。

さて、この曲の出だしのテーマを聴いてみましょう。



どうですか?同じ「春」をテーマにしていても

「春の歌」とは違った情景が浮かんできませんか?

演奏するにあたって、できるだけ具体的なイメージを持つと

非常に助けになります。絵を描くのが得意な人は色で表現して

みても良いでしょうし、自分なりの言葉で詩や物語を書くのも

良いと思います。

このテーマ、左手にメロディーが出て来ていますので左右のバランスに

気を使ってあげて下さい。いつもと違って右手を控えめにするので

変な感じがするかも知れませんが、左手でも比較的強い1、2、3

の指をよく使うのでそんなには難しくないと思います。

さて、このテーマが後半では右手がメロディーでオクターブとなって

出て来ます。



テーマが2回出てくるのはよくあるパターンですが、このようにバリエーション

になっている場合、1回目とどう違うのかで作曲者の意図を汲み取る事が

できます。

両手でも強い方の右手でメロディーを取り、さらにオクターブになるので

自然と華やかで力強い感じになりますね。さらにそれを伴奏している左手は

かなり広い音程を使って流れるような音型を形づくっています。

より広がりと勢いを持って曲を盛り上げたいと作曲者は狙っているのでは

ないでしょうか?このような変化を持たせることによって、ゆったりのんびり

した「春の歌」と比べ、この「春に寄す」はよりドラマチックな物語性を

もった曲と言えるのではないかと思います。

一曲を通してはMusicinyourheartでお聴き下さい。
posted by Musicinyourheart at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

メンデルスゾーン 春の歌

レベル:中級

前回、春の曲でおすすめのものをご紹介しました。

音楽の記事を書いたり読んだりしていて歯がゆいのは

実際の音を聴けない事ですね。

いろんな春の曲のタイトルを書いていて

私の頭の中にはその音が鳴り響いているのですが、

それを読んで下さっている皆さんが知らない曲だったら

何の事やらピンと来ないお話だったなあ。。。と

思い返しました。

ですので、先日の曲目リストから「春の歌」をワンポイントレッスン付きで

音もご紹介してみようと思います。

自宅にて録音しておりますので、音質は決して良くありませんが

悪しからずご了承下さい。

この曲を弾いてみたい、楽譜を見てみたいと思われる方はこちらで、

30、とある3段目からをご覧下さい。

曲の出だしはこんな感じです。



この曲が入っているのは「無言歌」という曲集で、「言葉のない歌」

と題される通り、思わずハミングしたくなるような美しい旋律です。

と、思うのは聴く立場から。

弾く人は必死でせっかくの旋律が耳に入って来ない事が多い(笑)

と言うのも実は、以下のとてもきれいなハープをかき鳴らすかのような

音形を、旋律を弾きつつ同時に弾かなくてはならないという

やっかいな曲なのです。



ポロロロン ポロロロン、。。。と続く音形の1つ目を右手で、2つ目を

左手で弾きます。これが聴いているととても優雅なのですが弾く方は

とても忙しい。2本の手で3パートを弾いている訳なのですから。

残りの2パート、つまり上と下はこんな感じです。



この曲を弾くにあたって、上のように、真ん中のパートを抜いて

練習してみる事をおすすめします。旋律の美しさとのんびりした雰囲気を

よおく味わって下さい。

3パートの曲芸(?)をしていても、聴く人には優雅でゆったりとした

イメージを持って頂かなくてはなりませんよわーい(嬉しい顔)

この曲を最後まで聴いてみたい方のために、1曲通しのmp3を私の別

ブログ「Musicinyourheart」にアップしますので、そちらもご参照

下さいませ。ENJOY!
posted by Musicinyourheart at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

春の曲

.jpg4月になりましたね。

春と言うと。。。さくら、新しい出会い、芽生え、

ぽかぽかのお天気など嬉しいイメージ。

逆に、春憂、卒業、引っ越し、別れというような

寂しいイメージもあります。

春は作曲家のインスピレーションをかきたてるのでしょうか。

春にちなんだ曲がたくさんあります。

都会に住んでいると、何かと季節を忘れがちですが

音楽で春を感じるというのはいかがでしょうか?

春の曲を聴くもよし、春の曲を習うもよし。

ピアノの曲でおすすめなのは、

メンデルスゾーン 「無言歌集」より「春の歌」

グリーグ 「春に寄す」

リスト リートによる15のピアノ小品より 

   「春」(ショパン=リスト)

   「春の歌」(メンデルスゾーン=リスト)

オーケストラの曲でも有名なものはピアノに編曲された
ものがよく出ています。

 ヴィヴァルディ 「四季」より「春」

 シュトラウス  「美しき青きドナウ」など

あとはヴァイオリンでベートーヴェンのスプリングソナタ、

日本の歌でもさくらさくら、さくら横町、おぼろ月夜など

たくさんたくさんいい曲がありますね。

図書館などに行くとCDが借りられますし、コンサートなどでも

この時期、春の曲がたくさん取り上げられる事と思います。

どうぞ皆さん、この機会に春の曲に親しんで下さいね!



   




posted by Musicinyourheart at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

録音してみましょう

ct_drps_5.gif自分の弾いている音を聴く。

当たり前のようで、なかなか出来ていない事が

多いようです。

難しい曲など、とにかく楽譜に書いてある事を弾くこと

に一生懸命になり、聴く事がおろそかになりがちです。

聴く事は、上達につながると同時に、もっと音楽を楽しむ

カギとなりますので、ぜひぜひようく自分の出している音を

聴くようにして下さい。

もしチャンスがあれば学校の体育館、教会、コンサートホール

など残響のある場所で弾いてみると、練習の時よりずっと

心地よい感覚が得られると思いますよ。

自分に厳しく、問題点を発見したいような時には何と言っても

録音するのがおすすめです。

録音機能がついたポータブルMDプレイヤーがコンパクトで音もきれい

なので便利かと思います。

電子ピアノを使っている方は、電子ピアノに録音機能がついている場合も

ありますので、活用されたら良いと思いますよ。

録音したテープを聴くと、自己嫌悪に陥るパターン(笑)もありますが

録音をする!というだけで人によってとても緊張して

本番前の良い練習になる場合もあります(私もそうです(^^)

ちゃんと日時など記録しておけばお子さんの成長記録としても

大変良い記念品になりますね。

レッスンに行って、レッスンの様子を録音したいような時には

必ず先生に許可を取りましょう。先生によっては録音を嫌がる方も

いらっしゃいます。私は大歓迎です。その場では理解できなかった

事があとで聴いて「ああ、こういうことか」と納得できる場合も

ありますし、細かい注意は忘れがちなので、楽譜を見ながらテープを

聴いて、必要な場合は自分で書き込みをしましょう。




posted by Musicinyourheart at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く力を養う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

間違えないということ

ongaku01.gif前回に引き続き、効率の良い練習方法について。

間違えないように弾くようになるためには、

どうしたら良いか?

難しい所を何度も練習する、片手だけの練習をする、

など皆さん取り組まれていると思います。

どれも正解です。

でも今回私の言いたいのはもっと基本的な、単純なこと。。

「間違えないで、弾く」

それができるように練習するんじゃないか、と思うかも知れませんが

最初から、間違えないで弾くことがとっても大切なのです。

難しいフレーズ。最初はうまくできないけど、何回も何回も練習

すれば、「そのうち弾けるようになる」と思っている人が

どうも多いようなのです。

でも実は最初から間違わずに弾く事ができます。

ものすご〜くゆっくり弾けば間違えません。

間違えない超ゆっくり〜なテンポで何度も弾くこと。

これが一番の早道なのです。


初めからある程度のテンポで間違えながらも

何度も弾いている内に弾けると思っていらっしゃる方が多いですが

その間、間違えた時に間違った情報も一緒にインプット

してしまっているのです。

「絶対に間違えない」テンポで、正しい情報を何度も脳に刷り込んで

あげる方が確実に上達します。その後、すこーしずつテンポを

上げて行きます。

かなりの忍耐力が必要ですが。。。トライしてみませんか?







posted by Musicinyourheart at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニックをつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

練習時間を区切る

16_l.jpg少しブログをお休みしてしまいました。

効率の良い練習方法と言う事で少し考えてみようと

思います。

ピアノの練習は大変です。地道な努力が必要で、なかなか

上手にならないため練習が嫌いという人は多いですね。

練習が少しでも好きになるにはどうしたら良いのでしょう?

できるだけ、自分の中でメリハリを持つ、上達の具合が自分で分かると

少しずつやる気が湧いてくるのではないでしょうか?

一つの方法として、練習時間を細かく区切るというのを

私はおすすめします。

それもかなり短い時間、15分か20分くらいを1セットとします。

小さいお子さんなら5分から10分でしょうか。。集中力が続く自分の

ベストの区切りを見つけて下さいね。

1時間のうちに、15分なら4セットできます。4つの事が出来る訳です。

特に部分練習などをしている時に、だらだらと際限なくしているよりも

区切りをつけて、15分の内にこのフレーズを弾けるようにしよう!と

目標を持つのです。もしも自分であまり上達しなかったなと感じても

いったんそこで区切って、他のフレーズを練習してみましょう。

次のセットが終わった時に、もう一度、気持ちを新たにして前のフレーズに

挑戦です。同じフレーズを30分練習し続けるより集中力が持ち、

締め切り意識でやる気が起きると思いますよ!


posted by Musicinyourheart at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニックをつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

あけましておめでとうございます


CIMG6965.jpg


ピアノを弾いていらっしゃる皆さん、

ピアノが好きでよく聴いていらっしゃる皆さん、

それ以外で何気なくのぞいて下さった皆さん(^^)

あけましておめでとうございます。

2007年になりましたね。

今年の目標は何かお決めになりましたか?

私の目標は何かな。。。。?

昨年、いろいろコンサートをしていて面白かったのが

オーケストラの曲等のピアノアレンジの楽譜を見つけたり、

自分でこんな感じかな。。とアレンジして弾いたりしたのが

楽しかったのでそういったレパートリーを増やして行きたいなあ

と思っています。

レッスンの目標としては、生徒さんのやる気を引き出す!

ちょっと厳しいけれど、音楽のいろんな面を見せてあげる事が

できる充実したレッスンを心がけていきたいなあと思います。

私もまだまだ勉強中ですが、一緒にがんばっていきましょうね!!

本年もどうぞよろしくお願い致します。



posted by Musicinyourheart at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

手を温める

flyingsanta.jpg

寒〜くなってきましたね。

ちょっと外に出ただけであっと

言う間に手が冷たくなってしまいます。

レッスンに行く時は手袋などを着ける

ようにしましょう。

手が冷たいままで弾くと手を痛めてしまう

危険性もありますし、思ったように弾けません。

冷えてしまった時にどう温めるか。。。

ヒーターの前で手をこすったりしますね。

手のひら同士でこすり合わせるだけでなくて、

片方の手のひらでもう片方の手の甲をこすりましょう。

また1本ずつの指をぎゅっぎゅっと押すように

マッサージします。爪のすぐ下をよくもんでやると、

血流が良くなり、またストレス解消のツボがあるとも

言われてますので一石二鳥です(^^)

さらに、手のひらの親指の下、小指の下の

こんもりとした筋肉の部分もつかむようによく

マッサージしてあげましょう。意外に使っている所です。

あとは手首や肘等も丸くなでさすってあげます。

家で練習する前に手を温めたい時は、お湯に浸けるのも

効果的です。その時も手首まで、スペースがあれば

肘全体も浸けて温めてあげるとかなり効果的です。

あともう一つ。練習をしていてなかなかうまくいかず

いらいらし始めたとき(笑)胸に手を当てて、息を吐きながら

胸をさすってみて下さい。良く言う「胸を撫で下ろす」

という仕草ですが、緊張しているとき、どきっとした後など

言葉通り胸を撫で下ろしてあげると少しリラックスできます。

ため息も思いっきりついてみましょう。「ふ〜〜〜う」

気持ちを切り替えてから、もう一度さっきやっていたフレーズに

挑戦してみて下さい。今度は、うまく行くかも?

posted by Musicinyourheart at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。